読士心得の条

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

一つ 読士は、人の誹謗、中傷をするべからず。まず、褒めるべし。

二つ 読士は、無用の争いをするべからず。まず、バランス感覚をもつべし。

三つ 読士は、人の気持を暗くするべからず。まず、明るさを極めるべし。

四つ 読士は、目先の損得を考えるべからず。まず、尊徳心を磨くべし。

五つ 読士は、人にもたれるべからず。まず、自らの足で立つべし。

六つ 読士は、感謝の念を忘れるべからず。まず、何事も受け入れるべし。

七つ 読士は、困っている人を見過ごすべからず。まず、人の心に灯をともすべし。

八つ 読士は、無関心になるべからず。まず、人とのご縁を大切にするべし。

九つ 読士は、笑顔とユーモアを忘れるべからず。まず、人を喜ばせるべし。

十  読士たるもの、義理と人情の文化を創造し、後世に伝えるべし。

fuda

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

Copyright(c) NPO法人 読書普及協会 All Rights Reserved.