『ゾーンの入り方』

2019-02-22
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

ゾーンなる言の葉ができて、ゾーンにはいる方が増えた。肩凝りという日本語ができて、肩凝りの日本人が増えたのと同じことかもしれない。

 

ただゾーンのモードにはいったはよいけれども、意外と呼吸が浅くなった集注で、これぞゾーンと酔いしれる方も見受けられる。

 

日本人で最も多いゾーンモードは、右腕に力がはいり、それとの連動で左脚が内側にはいってしまうものである。

 

軀が硬直すれば、呼吸はもちろん浅くなる。

 

要は、自己満足のゾーンだらけなのだ。

 

ゾーンにはいったと感じたら、改めてご自身の息を視てあげるとよい。息の深まりの余地がそこにあるなら、あなたのゾーンにはまだノリシロがあるということである。

 

#リジチョー。

 

 

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

Copyright(c) NPO法人 読書普及協会 All Rights Reserved.