『ハーバードの人生が変わる東洋哲学』

2019-02-09
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

2000年以上前の中国の人たちって、すごーくいろんなこと考えてたんだね。

義とか徳とか仁とかむずかしい言葉も出てきたけど、自分が蝶々になって花畑を舞っている夢を見たら、逆に蝶の方が自分で人間になって夢見ているんじゃないのなんて考えたり。

実は世の中っていろんなものが繋がっていて、ふわふわ浮いているのかなぁて思ったよ。

逆にいまの西洋的な「オレがオレが」の個人主義ってやっぱりつらいのかなぁ~。うちの会社にも個人個人にKPIとかいう目標があって、他人を蹴り落しても達成!みたいな雰囲気で、オジサンたちみんな疲れているみたい。

この本で読むと、世の中それだけじゃないのかなぁって思う。なんだか皆でぬるめの温泉に入りながらおばあちゃんの話を聞いているみたいで心地よい気がしました~。

#OraoraOL

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

Copyright(c) NPO法人 読書普及協会 All Rights Reserved.