三国志1~8巻

2016-07-14
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー

ご存知、中国の魏呉蜀の三国の争いをそれぞれの立場から話が進む、歴史小説です。
「劉備の桃園の誓い」から、「死せる孔明、生ける仲達を走らす」までの、人間模様や人に生き死にを、臨場感溢れる表現力で伝えてくれます。

特に、活躍していた武将たちが時とともに老いていき、また夢途中で無念の死を遂げたりと、あらゆるところで人の最期を感じられる、まさに死生観を養う本であるとも言えます。

それぞれがそれぞれの正義で戦い、強さや知略に憧れる、そして人間味のある行動に同感し、または反面教師となる逸話もふんだんに入っており、読み応えも十分です。

歴史が詳しくない方でも、登場人物の多ささえ克服できれば楽しく読める内容です。

著者の吉川氏の熱き思いが、甦ってきます。

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

Copyright(c) NPO法人 読書普及協会 All Rights Reserved.