ぼくは貝の夢をみる

2015-05-09
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー

幼い頃から貝を集めるのが好きだった著者。

幼い頃は周囲の人も温かい眼で見守ってくれていたのに、成長するにつれ、周囲の反応は冷たくなり、悩みます。

貝の収集をやめようと思いながらもやっぱり好きで続けます。

好きなことを続けることがめぐりめぐって、今の自分につながっていることに大人になって気がつくというお話。

著者が描いている様々な貝や風景のイラストも素敵です。

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

Copyright(c) NPO法人 読書普及協会 All Rights Reserved.