少女ポリアンナ

2015-05-02
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー

1973年に出版されたその年に、なんと100万部も売れてしまってという大ベストセラーです。

主人公は11歳のポリアンナ。
両親と早くに死に別れ、とても幸せとは思えない生活を余儀なくされている少女のお話です。

天真爛漫なポリアンナは辛いことがある度に、その中から何か必ず嬉しいことを捜していきます。
どんなに大変なことでも彼女の思考にかかると
「あっ!そんな風に思えば気持ちがとても明るくなれるんだ!」ということが
次から次へと出てくるんです。

いつも不機嫌だったり、不満ばかりを漏らしていた周りの大人たちも、
ポリアンナの「嬉しいこと捜し」に触れていくうちにどんどん明るく前向きになっていきます。
人ってどんなに辛い立場に立たされていても、ちょっと考え方を変えるだけでいつでも幸せになれるんだな、と気付かせてくれます。

どうせ生きるなら1分でも1秒でも不満な気持ちで過ごしていたらもったいないな~と思います。
この物語には明るく楽しく生きるためのヒントがたくさん込められていますよ。

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

Copyright(c) NPO法人 読書普及協会 All Rights Reserved.