Archive for the ‘歴史’ Category

蔦重の教え

2016-07-18
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー

この本は、読書普及協会の清水顧問が出版した「魂の読書」の中でも紹介されています。
サラリーマンである55歳の主人公、武村竹男(タケ)が会社から依願退職を命じられ、ヤケ酒を飲みお稲荷さんにオシッコを掛けていた時に、江戸時代にタイムスリップしていまう物語です。

そこで助けてくれたのが、江戸時代の出版業界の破天荒プロデューサー蔦屋重三郎(蔦重)です。
タケは蔦重の仕事を手伝いながら、人間として生きていくための処方を色々な出来事や考えを通じてひとつずつ気付いていきます。
今までの生き方では何が良くなかったのか。
蔦重の魅力ある生き方を目の当たりにして、タケも必死に生きていきます。

人生の「あがり」をどう捉えるか。それを考えさてくれる一冊です。

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

三国志1~8巻

2016-07-14
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー

ご存知、中国の魏呉蜀の三国の争いをそれぞれの立場から話が進む、歴史小説です。
「劉備の桃園の誓い」から、「死せる孔明、生ける仲達を走らす」までの、人間模様や人に生き死にを、臨場感溢れる表現力で伝えてくれます。

特に、活躍していた武将たちが時とともに老いていき、また夢途中で無念の死を遂げたりと、あらゆるところで人の最期を感じられる、まさに死生観を養う本であるとも言えます。

それぞれがそれぞれの正義で戦い、強さや知略に憧れる、そして人間味のある行動に同感し、または反面教師となる逸話もふんだんに入っており、読み応えも十分です。

歴史が詳しくない方でも、登場人物の多ささえ克服できれば楽しく読める内容です。

著者の吉川氏の熱き思いが、甦ってきます。

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

内地へよろしく

2015-07-30
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー

海軍報道班として南洋を訪れた画家久松三十郎の目を通してみた、戦地や内地の区別なく実直で真摯な人たち、命を惜しまず人に尽くす人たち。
そこでは、戦時下の日常が淡々と描かれている。月並みな言い方ではあるが、極力感情を抑えた筆致ゆえに、人々の喜びや悲しみが浮かび上がってくる。

『この世には、自分は少しも人の為にならず、人の犠牲や労力だけを思うさま受けて死んでゆくものも多いが、どん助にしろカムローにしろ、また磯吉にしても、自分のことはなるたけ身をちぢめ、ただもう人の為になるようにばかり生まれついて来た人たちなので、こういう人たちの徳がまだ脈々と日本の隅々を貫き流れている間、日本は断じて戦争には負けぬのだと思い、日本という国の人知れぬ成長の源をみるような気がした』

なにかと騒々しい昨今ではあるが、日本を守れと言う人も、戦争反対と言う人も、この本を読んでもういちど自分自身の生き方を振り返ってはどうだろう。
人の為に何かしようと思ったら、自分の都合を勘定に入れちゃいけない。はたして今の日本の賛成/反対はどちらもその心を持っているのか?

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

東京に暮らす 1928-1936

2015-07-06
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー

 歴史の転換期にいる今こそ、我々は正しい歴史を知らなければいけない。しかし残念なことに「歴史に学ぶ」ための本の多くは、歴史を動かした人たちの行動分析にすぎず、そうでなければ伝統文化を「仮想」し現代的な尺度で「解釈」を加え「教訓」めいたいい話にすり替えたものにすぎない。

 たとえば、幕末明治の頃の庶民はどうであったのか。名もなき人たちのおおらかさにこそ、僕たちの忘れてしまったものがあるのではないか。
 僕たちはこの本を、何かしら忘れ物を取りにもどるぐらいの気持ちで、ゆったりと読むべきなのかもしれない。歴史という名の教科書を捨てよう。
 過去の名も無き人々の喜びや悲しみに、寄り添って行こう。

『私は暇人なのでこんな遅いサービスでも構わないのですが、もっと迅速にサービスが行なわれるようになっても、以前からの礼儀正さと、本が売れようが売れまいがそんなことはどうでもよいという大らかさを失わないで欲しいと思います。
 最近は口先のうまい商売ばかりで、こういうまじめな商売は少なくなってしまいましたが、感じがいいし、売ることしか考えない商売よりも結局は人々の信頼を得ることになるでしょう。(本分より)』

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

墨功(ぼくこう)

2015-04-17
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー

中国の古典を読む機会はこれまでもあったのですが(孔子とか老子とか孫子ね)
墨子というのは清水さんに教えて貰うまで知りませんでした。
墨子は「非攻」「兼愛」といった平和主義を説いた人。
人ひとり殺したら罪になるのに戦争で何千人も殺したらヒーローになる。
これはおかしいではないか!と当時の中国は戦国の世の中でしたから
かなり強烈な思想の持主だった。
その墨子の思想を持った集団が「墨家教団」であり、弱きを守り強きを挫く集団だった。
しかし、この守り方がハンパではなく、弱者を守る為に当時の最先端の兵法・武力を持って徹底的に戦ったという。
そしてこちらから攻めることは決してない。このあたりがシビレマス。
この本は小説で、漫画にも映画にもなってるのでご存知の方も多いかもしれません。
物語はフィクションですが主人公の墨家教団の革離(カクリ)が大国に侵略される小さな城を超人的な働きで守っていくお話です。
見返りを求めず、休む暇なく、誰よりも働き、誰よりも弱者の為に戦っていく。
まるで自分をすり減らすかのように。
ドキドキ、ワクワク、一気読みでした。
この後、墨子についてとても興味がわいて別の本も読み始めました!
ちなみに墨子の資料は、現存するものがとても少なく、謎の多い思想家なのです。
そこもまた謎めいててイイ。
おすすめです!

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

« Older Entries
Copyright(c) NPO法人 読書普及協会 All Rights Reserved.