Archive for the ‘おすすめ本’ Category

『ゾーンの入り方』

2019-02-22
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

ゾーンなる言の葉ができて、ゾーンにはいる方が増えた。肩凝りという日本語ができて、肩凝りの日本人が増えたのと同じことかもしれない。

 

ただゾーンのモードにはいったはよいけれども、意外と呼吸が浅くなった集注で、これぞゾーンと酔いしれる方も見受けられる。

 

日本人で最も多いゾーンモードは、右腕に力がはいり、それとの連動で左脚が内側にはいってしまうものである。

 

軀が硬直すれば、呼吸はもちろん浅くなる。

 

要は、自己満足のゾーンだらけなのだ。

 

ゾーンにはいったと感じたら、改めてご自身の息を視てあげるとよい。息の深まりの余地がそこにあるなら、あなたのゾーンにはまだノリシロがあるということである。

 

#リジチョー。

 

 

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

『アメリカ』

2019-02-21
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

USAってドリームの見方をInspiredされる、ちょっと憧れの存在かなぁ。

でも、人種差別もあったり、外国で戦争やったり、医療制度ボロボロで格差社会だったり、結構複雑だよね~。

なんだか矛盾に満ちたアメリカの世界の背後には、本気で神サマを信じる人や最先端の科学も同時に飲み込んじゃうプラグマティズムっていう考えと、アブダクションとかいう「間違っているかもだけども信じてみよう的な思考」があるらしい。

なるほど、個人の自己主張が強いけど、チームワークの野球が強かったりするアメリカ。矛盾もまえむきの力にできるのかもね。

新大陸で接ぎ木された西洋文明は世界の文化を取り込んですごいものになっちゃったんだね。

#OraoraOL

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

『デザインの小さな哲学』

2019-02-19
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

==========================
最近本を買うとき、中身と同じくらい大切にしているのが、見た目と手触り感。

先日、本屋さんの背表紙の森を散策しているときに、この鮮やかな黄色が目に飛び込んできた。

手に取ってみると、サラサラしていて気持ちいい。大きくない私の掌にもほっこりと収まる。

五感で味わえる一冊ですね。

中身もなかなかイケていて、「デザインは策略であり、詐術や悪巧みである」という1章から始まり、「物ならぬモノ」という意味シンな章で終わる。

デザイン本って、すでにとてもたくさん出版されていて、ちょっと飽き飽きしている皆さん。1920年チェコスロバキア生まれの「フルッサーのデザイン」を体感されてみてはいかが?

ここから、彼の『サブジェクトからプロジェクトへ』への飛翔もオススメです。今のお仕事にも新しい視点を見出せるかもしれませんよ。

#RNAに恋するOL

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

『コーランを知っていますか?』

2019-02-14
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

昔、社会の授業で、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教の違いを習いませんでしたか?

いつも、分かったようで、分からなかった。事実なのか、物語なのか。宗教の物語って、権力者の使い勝手のいいように作られているところもあるじゃないですか。。どうも楽しくないんですよね、私には。

でも、この本の著者、阿刀田さんの語りだと、スーって入ってくる。今はまだ2章を読み終わったところなんですけど、ここまで結構楽しくて、私でもここまで一気に読み進められました。

コーランって、イスラム教の預言者、マホメットが神様から受けた言葉をまとめた啓示集。この阿刀田さんの本では、コーランの背景にある人や出来事が、私の身近な感覚でも理解できるように、とても優しいタッチで語ってくれているんです。

阿刀田さんは、この本以外でも「ギリシャ神話を知っていますか」「旧約聖書を知っていますか」「新約聖書を知っていますか」「源氏物語を知っていますか」そして「イソップを知っていますか」と”知っていますかシリーズ”を出されているようです。

私的には、やっぱり、次は源氏かな。皆さんは?

#RNAに恋するOL

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

『河原にできた中世の街』

2019-02-11
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

ここで本紹介するようになって、家中の本棚を改めて眺めているんですが、我が家には、なにやらアヤシイ本が色々ある。

両親ともに理系なんですが、父の読書は全方位型。家には理系専門書はほとんどなくて、文系のばかり。

で、これ、かなりオドロオドロしい絵本。室町日本研究で有名な網野善彦さんが文、司修さんが絵をご担当された「絵のなかで日本の歴史を旅する本」です。

古美術の絵巻にあるような絵が1枚、見開き2ページにドーンと描いてあって、その下にその絵を数行で説明してあります。なので、私でも10分くらいで簡単に読めちゃいます。

昔の日本人がどんな世界観のなかで生活してたかを感じられるので、意外に楽しかったです。

高校のとき、歴史って完全に暗記科目でつまらなかったけど、これならイケるかも!

博物館とかに展示されてる絵巻たちを、みんなこんな感じで優しく解説してくれると、理系人間たちも博物館にももっと行きたくなるんじゃないかな。

このNPOで、そんな活動もありでは?

#RNAに恋するOL

 

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

« Older Entries
Copyright(c) NPO法人 読書普及協会 All Rights Reserved.