Archive for the ‘ま行-読士’ Category

蔦重の教え

2016-07-18
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー

この本は、読書普及協会の清水顧問が出版した「魂の読書」の中でも紹介されています。
サラリーマンである55歳の主人公、武村竹男(タケ)が会社から依願退職を命じられ、ヤケ酒を飲みお稲荷さんにオシッコを掛けていた時に、江戸時代にタイムスリップしていまう物語です。

そこで助けてくれたのが、江戸時代の出版業界の破天荒プロデューサー蔦屋重三郎(蔦重)です。
タケは蔦重の仕事を手伝いながら、人間として生きていくための処方を色々な出来事や考えを通じてひとつずつ気付いていきます。
今までの生き方では何が良くなかったのか。
蔦重の魅力ある生き方を目の当たりにして、タケも必死に生きていきます。

人生の「あがり」をどう捉えるか。それを考えさてくれる一冊です。

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

三国志1~8巻

2016-07-14
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー

ご存知、中国の魏呉蜀の三国の争いをそれぞれの立場から話が進む、歴史小説です。
「劉備の桃園の誓い」から、「死せる孔明、生ける仲達を走らす」までの、人間模様や人に生き死にを、臨場感溢れる表現力で伝えてくれます。

特に、活躍していた武将たちが時とともに老いていき、また夢途中で無念の死を遂げたりと、あらゆるところで人の最期を感じられる、まさに死生観を養う本であるとも言えます。

それぞれがそれぞれの正義で戦い、強さや知略に憧れる、そして人間味のある行動に同感し、または反面教師となる逸話もふんだんに入っており、読み応えも十分です。

歴史が詳しくない方でも、登場人物の多ささえ克服できれば楽しく読める内容です。

著者の吉川氏の熱き思いが、甦ってきます。

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

ぼくの命は言葉とともにある

2015-11-16
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー

著者の福島氏は、9歳で失明をし、18歳で聴力も無くした「盲ろう者」。
コミュニケーションの手段を断たれた著者は、苦難、困難を乗り越え、現在は東京大学教授となっております。
視覚も聴覚もなくなると、ひとり宇宙空間にいる感じとおっしゃっていますが、外部の情報が完全にシャットダウンされているからこそ、しさく(思索)を深めることができる。
その考え、思索がとても深い。
とても衝撃的な一冊でした。

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

千年企業の大逆転

2015-07-12
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー

 わが国には、創業以来、1000年以上続いている企業が7社あるそうです。

 この本には、100年以上の5つの会社が登場しますが、そのどれもが、
 頑なに変化を避けて連綿と続いてきたのではなく、軸は変えないで
 柔軟に変化し続けることを本質としてきた点で共通しています。

 回り続けるコマは倒れない。

 生き抜く者の姿だと思います。

 あと、1000年企業というと、生み出したものが1000年続くってのも
 素晴らしい。

 10年近く親しくさせていただいている工務店があるのですが、
 建てた家々は、10年、20年、50年と月日を重ね、そこここで家人の拠り所と
 なり続けるわけで、そんな縁を編み合わせると、あっと言う間に1000年企業
 になってしまう。

 そう思うと、1000年もまんざら遠くはないのかも知れません。

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

ぼくは貝の夢をみる

2015-05-09
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー

幼い頃から貝を集めるのが好きだった著者。

幼い頃は周囲の人も温かい眼で見守ってくれていたのに、成長するにつれ、周囲の反応は冷たくなり、悩みます。

貝の収集をやめようと思いながらもやっぱり好きで続けます。

好きなことを続けることがめぐりめぐって、今の自分につながっていることに大人になって気がつくというお話。

著者が描いている様々な貝や風景のイラストも素敵です。

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

« Older Entries
Copyright(c) NPO法人 読書普及協会 All Rights Reserved.