Archive for the ‘た行-読士’ Category

君を幸せにする会社

2015-05-14
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー

 「君を幸せにする」って、プロポーズに必ず登場する言葉では

ないでしょうか。女性なら一度は言われてみたい言葉ですよね。

でも、私の幸せって与えられる種類のものなのかしら・・・?

私を幸せにしてくれたのは、いったいなんだろう。

私が作った料理をおいしそうに食べてくれる人の笑顔。

それに、私の気持ちに共感してくれる人とのやりとり。

それぞれの未来を励ましあうやさしさ・・・。

やっぱり人は、人を幸せにすることが、一番幸せなことなんですね。

そうしたら・・・この「君を幸せにする会社」というのは、

「君を幸せ」にして いる経営者が一番幸せだろうと思うわけです。

 クマ太郎はね、私の田舎の知り合いを代表するような立場です。

私の生まれ育った那須塩原あたりは、まさに温泉地ですから。

昔からの元湯温泉は客足が落ち、いかにして少ないお客様を

自分のホテルに「奪う」かという価格競争は、見ているだけでも

胸が痛むような様相を呈しています。物語に出てくる・・・

ブログの評価など、時代を反映してとても現実的だと思いました。

 多分ね、この本を読んでうなる経営者はたくさんいます。

だって、何段階にも分かれている成長の過程が、

思い当たることばかりだと思うんですよ。クマ太郎の成長は

この本を読んだ経営者の希望へとつながるのではないでしょ うか。

 いい言葉ですね、「君を幸せにする」って。

そう考えた途端、まず自分自身がワクワクします。

「君を幸せにするそうじ」や、「君を幸せにする本」とか、

「君を幸せにするおうち」なんて考えていると、自分自身がとても

意義のある存在に思えてきます。宝石やブランド品を与えられるより

よっぽど自分が大切な存在だと思えるようになりますよね。

相手を思い、喜ぶ姿を想像して、そのためにせっせと働く。

私にとってはこれ以上の幸せはないかもしれないなあ・・・。

 究極の人生の成功って、幸せですものね。そして幸せって

目標ではなく、たった今、選べば良いってことですよね。

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

少女ポリアンナ

2015-05-02
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー

1973年に出版されたその年に、なんと100万部も売れてしまってという大ベストセラーです。

主人公は11歳のポリアンナ。
両親と早くに死に別れ、とても幸せとは思えない生活を余儀なくされている少女のお話です。

天真爛漫なポリアンナは辛いことがある度に、その中から何か必ず嬉しいことを捜していきます。
どんなに大変なことでも彼女の思考にかかると
「あっ!そんな風に思えば気持ちがとても明るくなれるんだ!」ということが
次から次へと出てくるんです。

いつも不機嫌だったり、不満ばかりを漏らしていた周りの大人たちも、
ポリアンナの「嬉しいこと捜し」に触れていくうちにどんどん明るく前向きになっていきます。
人ってどんなに辛い立場に立たされていても、ちょっと考え方を変えるだけでいつでも幸せになれるんだな、と気付かせてくれます。

どうせ生きるなら1分でも1秒でも不満な気持ちで過ごしていたらもったいないな~と思います。
この物語には明るく楽しく生きるためのヒントがたくさん込められていますよ。

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

ぼくのニセモノをつくるには

2015-05-01
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー ※ネタバレ少し

みなさんは 藤子不二雄作 「パーマン」を ご存知ですか?

漫画だったり アニメだったりで ご覧になったことがあると思います。

その中で 主人公の少年が パーマンに 変身するとき

身代わりに コピーロボット というロボットが 出てきます。

コピーですから 外見は まったく見分けがつかないのです。

アニメでは コピーロボットの鼻の色が 違いますが・・・

では もし みなさんが 「あなたのコピー」を 作ってあげますよ と言われたら どのように説明しますか?

外見は コピーできるとして、中身はいかがですか?

私は こんな人ですって いくつ言えますか?

大人でも20以上は なかなか出てこないそうです。

そこで 私が オススメするのは

 「ぼくのニセモノをつくるには」 です。

自分のことなのに 自分以上に 家族や 友人のほうが 詳しくて

自分は 自分のこと 分からない・・・ということありませんか?

自分は話すのが苦手だと思っていたら、周りから 聞き上手だと言われたり、

自分は優柔不断だと思っていたら、まわりから慎重だとか思慮深いと言われり・・・

自分で 考えて 決めて 行動しても  周りの人は いろいろな受け取り方を しますよね。

それって どれが 本当のじぶんでしょうか?

全部 本当の自分ですよね。

物の見方を ちょっと変えてみる

視点を変えてみる

立って見る

座って見る

裏から見る

透かしてみる・・・・

そうやって

自分ものさしを ちょっと変えてみる。

ちょっとしたことで 世界観が 全く変わってきます。

そういう視点を変えるだけで 気がつかなかった 

日々の暮らしの中の 有難いこと、嬉しいこと、幸せなことが

どんどん発見できるのだと 思っています。

同じように見えていた毎日が とっても素晴らしい毎日に変っていきます。

それって特別なことがあるからでしょうか?

それは 自分自身の 見方が 変わったからだと思います。

そのきっかけのひとつとして

この絵本を 読んで いろいろなものさしを 持ってみませんか?

自分自身の可能性は 無限大です。

自分自身を どんどん掘り下げていきませんか?

最後にこの本が選ばれた アイある読書会がおこなわれた 山口県にちなんで

吉田松陰先生の言葉の現代語訳を 紹介します。

自分の外にあることは

求めたからといって、得られるものではありません。

外にあることというのは、

わかりやすく言うと、

「お金持ちになる」「有名になる」「人脈ができる」

みたいなことですが、

これらは 結局、得ようとして、

得られるものではありませんから、

ここに心を 尽くすのは馬鹿げています。

一方で、自分の内側にあるものは

求めれば、いくらでも得ることができます。

内側にあるものというのはー

人を思いやる気持ち。

損得を考えずに、やるべきだと思うことを やる気持ち。

礼儀を守る気持ち。

知らなかったことを 知ろうとする気持ち。

仲間との約束を 守ったり、本音を言い合ったりする気持ち。

これらの気持ちは、

求めれば誰でも無限に手に入れることができます。

そして求めれば求めるほど、

自分と 自分を取り巻く世界のことが 好きになるのです。

いくら費やしても、損はありません。

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

麒麟の舌を持つ男

2015-04-21
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー

どんな料理でも再現する、「人生最期の料理請負人」佐々木充。

ある人物から戦時中、旧日本軍の特命を受けた天才宮廷料理人・山形直太朗が満州国で

創ろうとした「大日本帝国食菜全席」の再現の依頼を受ける。

現代でレシピを追う佐々木と過去でレシピ作りに取り組む山形ストーリが同時進行する。

何故、どこかへ行ってしまったのか?何故、そのレシピを追い求めるのか?

過去と現在を行ったり来たりしながら、佐々木と山形がレシピを追い求めたところに

あったものとは・・・。過去と現在が繋がっていくミステリー仕立てのストーリは、

感動的なラストだった。

2014年最も面白かった一冊、ストーリーと料理両方楽しめる本です。

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

宇宙へ行きたくて液体燃料ロケットをDIYしてみた 実録なつのロケット団

2015-04-20
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー (少々ネタバレあり)

ロケットとは縁遠い漫画家、作家、元IT社長たちが、ホームセンターの材料で

ロケット開発に着手したと言う本当の話。

自作したロケットエンジンを風呂場で試運転。

何やってんだか・・・

っと思ていましたが、実際に燃料を入れてテストが始まるとアツい!

元IT社長は、あの時代の寵児ですが、自ら地道に努力をする姿に印象が変わりました。

開発も進み、手狭になったので広い場所を探して相談したのは、

植松電機の植松努さん!こちらも北海道の赤平でロケット開発をされている。

これまでの開発記録を持参し、植松さんに説明しているところは

こちらまで、ワクワクしながら聞いているつもりになりました。

エンジニア、これからエンジニアを目指す方には特に、この一冊はおススメです。

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

« Older Entries
Copyright(c) NPO法人 読書普及協会 All Rights Reserved.