Archive for the ‘た行-出版社’ Category

ぼくの命は言葉とともにある

2015-11-16
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー

著者の福島氏は、9歳で失明をし、18歳で聴力も無くした「盲ろう者」。
コミュニケーションの手段を断たれた著者は、苦難、困難を乗り越え、現在は東京大学教授となっております。
視覚も聴覚もなくなると、ひとり宇宙空間にいる感じとおっしゃっていますが、外部の情報が完全にシャットダウンされているからこそ、しさく(思索)を深めることができる。
その考え、思索がとても深い。
とても衝撃的な一冊でした。

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

忘れられた日本

2015-08-03
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー

ドイツの世界的建築家タウトが1933年から3年間、日本に滞在した時の見聞記。

桂離宮、伊勢神宮、床の間、などを事例に日本人の心象・季節感などを語る。

※ブルーノタウトの目の付け所に感動しました。

日本人に生まれて良かったと思う本です。

もっともっと日本のことを学びたいと思います。

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

アミ 小さな宇宙人

2015-06-04
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー

ファンタジーです。本にあまり興味を示さなかった 小学校2年生の子供が、なぜかこの本を食い入るように読み始めました。それだけで十分オススメの本かと(笑)

イラストが さくらももこさんなので、その点が読みやすいポイントのひとつだと思います。大人の方にも、ぜひ子供のような心になって読んでいただきたいです。
『紹介した本は単行本ですが、文庫本もあります。なお3部作なので、もしビビッとくるようでしたら他の2作品も オススメです。

【参考】
●「もどってきたアミ~小さな宇宙人~」
●「アミ 3度目の約束~愛はすべてをこえて~」

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

家メシ道場

2015-05-12
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー

読書のすすめで買いました。なぜ買ったのかも覚えていません。

現在大阪で単身赴任中ですが、この本をちらっと読んでから急に自炊に走ってます。

なんせ簡単。

トマトソースなんか玉ねぎ、オリーブオイル、チューブおろしにんにく、水煮トマト缶だけ。

翌日フランスパンにのせて食べたら死ぬかと思うくらいおいしかった。

50歳のおっさんが始めた自炊ですが、これからおもろいわ~。

ただ、味噌汁作りながらおかずが作れない(笑)

これは修行です。

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

前田建設ファンタジー営業部

2015-04-30
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー ※ネタバレ少々

実在の建設会社が「マジンガーZ」の基地建設に挑みます。

漫画やアニメの映像から基地の構造などを予測、

現在使用されている技術で工法、納期、予算を割り出します。

特撮ヒーローについて、「科学的にありえない」とする本もありますが、

どうせなら「どうやったらうまくいくか」をとことん考える本のほうが読んでいて非常に楽しいです。

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

« Older Entries
Copyright(c) NPO法人 読書普及協会 All Rights Reserved.