Archive for the ‘あ行-著者’ Category

南米「棄民」政策の実像

2016-07-11
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー

EUからの離脱をした英国ですが、その一因となったのがEUの「移民政策」です。英国民の多くがEU内での移動の自由が英国への移民を増やし、英国民の雇用を圧迫していると考えているようです。

移民は通常、貧しい国から豊かな国に流れるので、EUのなかで比較的経済が安定している国はみな、移民問題に頭を悩ませており、英国に続いて各国で連鎖的に国民投票が行われ、雪崩式にEUが形骸化する可能性もちらほらと指摘されています。

さて、日本もかつては移民大国でした。日本は中南米にむけてたくさんの移民を排出しました。もちろん、大戦前〜大戦中には満蒙にもたくさんの開拓民を送り込みましたが、これは形としては現地においても日本国に統治されており、移民ではなく「植民」です。中南米については、勧誘・教育・送り出しについては国が主導し(実際に受け持ったのは企業)ましたが、現地については国はほとんど関与していません。

もうひとつ忘れていけないのは、移民政策は戦前だけの話ではなく1970年(昭和45年)まで継続されていたことです。敗戦国の国民が異国の地(しかも、南米と言えど戦勝国です)でいかなる苦難の道を歩んだのか。

問題は国はなぜ「移民」という国策を開始し、継続したのか。日本はなぜ、「貧しい国」に移民を送り出したのか。国はなぜ「国策」を優先し、戦前戦後を通して同じ過ちをし続けたのか。それが「移民」ではなく「棄民」と呼ばれるゆえんです。事前調査もいい加減、教育もいい加減、送り込んだら知らんぷり。それが日本の移民政策です。多くの若者たちが、夢のような新天地と言う甘言に乗せられ、現地の人たちも放棄したような荒野ではじめての農業に挑戦し、極貧のなかで挫折して行きました。また、現地の富裕層に雇用され、奴隷同然の扱いを受けたものも少なくありません。

つい50年前まで、日本が国民に対して何をしていたのか。他国に何をしていたのか。そして、その構造は現在においてはたして修正されたのか。我々はそこをきちんと学び、考え、改めていかなければなりません。棄民という言葉を原子力政策と入れ替えれば、現代社会が見えてきます。

また、あわせて「さよなら日本―絵本作家・八島太郎と光子の亡命」晶文社、「棄民たちの戦場―米軍日系人部隊の悲劇」新潮社を読めば、戦前の米国移民についてその一端をかいま見ることが出来ます。

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

アミ 小さな宇宙人

2015-06-04
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー

ファンタジーです。本にあまり興味を示さなかった 小学校2年生の子供が、なぜかこの本を食い入るように読み始めました。それだけで十分オススメの本かと(笑)

イラストが さくらももこさんなので、その点が読みやすいポイントのひとつだと思います。大人の方にも、ぜひ子供のような心になって読んでいただきたいです。
『紹介した本は単行本ですが、文庫本もあります。なお3部作なので、もしビビッとくるようでしたら他の2作品も オススメです。

【参考】
●「もどってきたアミ~小さな宇宙人~」
●「アミ 3度目の約束~愛はすべてをこえて~」

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

君を幸せにする会社

2015-05-14
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー

 「君を幸せにする」って、プロポーズに必ず登場する言葉では

ないでしょうか。女性なら一度は言われてみたい言葉ですよね。

でも、私の幸せって与えられる種類のものなのかしら・・・?

私を幸せにしてくれたのは、いったいなんだろう。

私が作った料理をおいしそうに食べてくれる人の笑顔。

それに、私の気持ちに共感してくれる人とのやりとり。

それぞれの未来を励ましあうやさしさ・・・。

やっぱり人は、人を幸せにすることが、一番幸せなことなんですね。

そうしたら・・・この「君を幸せにする会社」というのは、

「君を幸せ」にして いる経営者が一番幸せだろうと思うわけです。

 クマ太郎はね、私の田舎の知り合いを代表するような立場です。

私の生まれ育った那須塩原あたりは、まさに温泉地ですから。

昔からの元湯温泉は客足が落ち、いかにして少ないお客様を

自分のホテルに「奪う」かという価格競争は、見ているだけでも

胸が痛むような様相を呈しています。物語に出てくる・・・

ブログの評価など、時代を反映してとても現実的だと思いました。

 多分ね、この本を読んでうなる経営者はたくさんいます。

だって、何段階にも分かれている成長の過程が、

思い当たることばかりだと思うんですよ。クマ太郎の成長は

この本を読んだ経営者の希望へとつながるのではないでしょ うか。

 いい言葉ですね、「君を幸せにする」って。

そう考えた途端、まず自分自身がワクワクします。

「君を幸せにするそうじ」や、「君を幸せにする本」とか、

「君を幸せにするおうち」なんて考えていると、自分自身がとても

意義のある存在に思えてきます。宝石やブランド品を与えられるより

よっぽど自分が大切な存在だと思えるようになりますよね。

相手を思い、喜ぶ姿を想像して、そのためにせっせと働く。

私にとってはこれ以上の幸せはないかもしれないなあ・・・。

 究極の人生の成功って、幸せですものね。そして幸せって

目標ではなく、たった今、選べば良いってことですよね。

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

少女ポリアンナ

2015-05-02
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー

1973年に出版されたその年に、なんと100万部も売れてしまってという大ベストセラーです。

主人公は11歳のポリアンナ。
両親と早くに死に別れ、とても幸せとは思えない生活を余儀なくされている少女のお話です。

天真爛漫なポリアンナは辛いことがある度に、その中から何か必ず嬉しいことを捜していきます。
どんなに大変なことでも彼女の思考にかかると
「あっ!そんな風に思えば気持ちがとても明るくなれるんだ!」ということが
次から次へと出てくるんです。

いつも不機嫌だったり、不満ばかりを漏らしていた周りの大人たちも、
ポリアンナの「嬉しいこと捜し」に触れていくうちにどんどん明るく前向きになっていきます。
人ってどんなに辛い立場に立たされていても、ちょっと考え方を変えるだけでいつでも幸せになれるんだな、と気付かせてくれます。

どうせ生きるなら1分でも1秒でも不満な気持ちで過ごしていたらもったいないな~と思います。
この物語には明るく楽しく生きるためのヒントがたくさん込められていますよ。

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

宇宙へ行きたくて液体燃料ロケットをDIYしてみた 実録なつのロケット団

2015-04-20
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー (少々ネタバレあり)

ロケットとは縁遠い漫画家、作家、元IT社長たちが、ホームセンターの材料で

ロケット開発に着手したと言う本当の話。

自作したロケットエンジンを風呂場で試運転。

何やってんだか・・・

っと思ていましたが、実際に燃料を入れてテストが始まるとアツい!

元IT社長は、あの時代の寵児ですが、自ら地道に努力をする姿に印象が変わりました。

開発も進み、手狭になったので広い場所を探して相談したのは、

植松電機の植松努さん!こちらも北海道の赤平でロケット開発をされている。

これまでの開発記録を持参し、植松さんに説明しているところは

こちらまで、ワクワクしながら聞いているつもりになりました。

エンジニア、これからエンジニアを目指す方には特に、この一冊はおススメです。

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

« Older Entries
Copyright(c) NPO法人 読書普及協会 All Rights Reserved.