Archive for the ‘さ行-本’ Category

三国志1~8巻

2016-07-14
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー

ご存知、中国の魏呉蜀の三国の争いをそれぞれの立場から話が進む、歴史小説です。
「劉備の桃園の誓い」から、「死せる孔明、生ける仲達を走らす」までの、人間模様や人に生き死にを、臨場感溢れる表現力で伝えてくれます。

特に、活躍していた武将たちが時とともに老いていき、また夢途中で無念の死を遂げたりと、あらゆるところで人の最期を感じられる、まさに死生観を養う本であるとも言えます。

それぞれがそれぞれの正義で戦い、強さや知略に憧れる、そして人間味のある行動に同感し、または反面教師となる逸話もふんだんに入っており、読み応えも十分です。

歴史が詳しくない方でも、登場人物の多ささえ克服できれば楽しく読める内容です。

著者の吉川氏の熱き思いが、甦ってきます。

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

書斎の鍵

2015-08-10
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー

この国に生まれたということは、かけがえのない資産なのだと、喜多川先生は書かれていたが、誰もがとうていその恩恵には気づいていまい、と思われる表情である。
もったいないほどの識字率、そしてそれを支えた文化、感受性をも放棄していないだろうか。

人生を作るのは習慣だという。
言葉の習慣、思考の習慣、感じ方の習慣。
文明を越えた尊い習慣に恵まれた私たちは、それだけでもう、まれにみる資産家だ。

果たして文明の利器により、人類は楽になったのであろうか?
携帯電話の普及により、連絡の付かない時間は皆無となり、家電製品の普及は生活形態の複雑化を招いていないか?
身近な例をとれば、お掃除ロボットを買ったはいいが、それがスムーズに動く部屋を目指して、お掃除セミナーを受けると言うもの。なんだかややこしいのである。

電車の中でも、みなさん、とても忙しそうだ。
寸暇を惜しむトークチェックだろうかゲームだろうかスクリーンを見る目はただごとではない。
私が開こうとしている伝記的エッセイよりは余程急を要するようにお見受けした。

それでも、本はいい、と私は思う。
二つも先のドアから入ってきたおじいさんに気づき席を譲ることができるから。
ドアに片方の肩を預けながら、よし!この本も私の書斎入り決定だ。
そんな思いが、この車両にいる誰よりも明るい表情を連れてくる。

書斎という概念を変えてくれたことに、私は何よりもお礼を言いたい。
お風呂にはいるように、本のシャワーを浴びて、きょうも書斎向けの本を探すのだ。

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

セッター思考

2015-07-20
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー

 セッターは人を輝かせるポジション。

 私は自分が合わせて相手にスパイクを決めさせる、相手を輝かせるのがセッターの役割だと考えていました。

 そんなことを考えている、元全日本女子バレーボール代表キャプテンの竹下さんが考えていること。
 
 バレーボールファンでなくても、もっと知りたくなりますよね。

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

千年企業の大逆転

2015-07-12
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー

 わが国には、創業以来、1000年以上続いている企業が7社あるそうです。

 この本には、100年以上の5つの会社が登場しますが、そのどれもが、
 頑なに変化を避けて連綿と続いてきたのではなく、軸は変えないで
 柔軟に変化し続けることを本質としてきた点で共通しています。

 回り続けるコマは倒れない。

 生き抜く者の姿だと思います。

 あと、1000年企業というと、生み出したものが1000年続くってのも
 素晴らしい。

 10年近く親しくさせていただいている工務店があるのですが、
 建てた家々は、10年、20年、50年と月日を重ね、そこここで家人の拠り所と
 なり続けるわけで、そんな縁を編み合わせると、あっと言う間に1000年企業
 になってしまう。

 そう思うと、1000年もまんざら遠くはないのかも知れません。

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

少女ポリアンナ

2015-05-02
Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

●レビュー

1973年に出版されたその年に、なんと100万部も売れてしまってという大ベストセラーです。

主人公は11歳のポリアンナ。
両親と早くに死に別れ、とても幸せとは思えない生活を余儀なくされている少女のお話です。

天真爛漫なポリアンナは辛いことがある度に、その中から何か必ず嬉しいことを捜していきます。
どんなに大変なことでも彼女の思考にかかると
「あっ!そんな風に思えば気持ちがとても明るくなれるんだ!」ということが
次から次へと出てくるんです。

いつも不機嫌だったり、不満ばかりを漏らしていた周りの大人たちも、
ポリアンナの「嬉しいこと捜し」に触れていくうちにどんどん明るく前向きになっていきます。
人ってどんなに辛い立場に立たされていても、ちょっと考え方を変えるだけでいつでも幸せになれるんだな、と気付かせてくれます。

どうせ生きるなら1分でも1秒でも不満な気持ちで過ごしていたらもったいないな~と思います。
この物語には明るく楽しく生きるためのヒントがたくさん込められていますよ。

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

« Older Entries
Copyright(c) NPO法人 読書普及協会 All Rights Reserved.